会社概要

マルチフォトン オプティクス社は、2013年9月13日にドイツ、ビューツバーグにてフラウンホーファーISCのスピンオフとして設立されました。2014年10月、2015年10月にSeed and Round A fundingより資金を受けています。

Dr.ルース ホーバーツ, CEO、マネージング ディレクター、物理学社

マルチフォトン オプティクス社の創業者の一人。2014年よりCEOに就任、現在に至る。2013年から2014年7月まで主任技術者担当、2000年より2012年までフラウンホーファーISCにて多様な技術、管理部門を歴任、光学、バイオメディカル分野の素材、工程、技術/機器開発に携わる。1999年~2000年、Sandia Nat.’l Labs, Livermore, CA (USA)に在籍。90以上の特許取得、また、様々な受賞歴を持つ。2015年 Prism Award 最終選考者。2014年Cowin Award for Entrepreneurship、2013年Green Photonics Award、2007年 Joseph von Fraunhofer Awardなど

aboutus-ruth

ベネディクト ステンダー,Dipl.-Ing.,CTO

2016年より、マルチフォトン オプティクス社 CTO(チーフ テクニカル オフィサー)在任。2015年11月よりアプリケーション エンジニアとして弊社の技術開発に携わる。2011年5月より2015年10月までドイツ,ビューツバーグのジュリアス マキシミリアン大学にて、単一光子源と有機発光ダイオードについてPhD論文のための研究に携わる。(2016年7月PhD論文申請)2010年3月~2011年2月まで博士論文をフラウンホーファーISCにて、Dr.ルース ホーバーツのチームのマイクロレンズのインクジェット出力について執筆。ナノ構造テクノロジーを2008年9月より2009年4月までカナダ、バンクーバのブリティッシュ オブ コロンビア大学にて学ぶ。共焦顕微鏡検査、単分子分光学、プリントエレクトロニクス、マイクロ微細光学など

aboutus-benedigt

コーネリア エンザート,CFO, ビジネス コーチ ファイナンス

戦略、コミニュケーション、営業、リスク、弊社の社会的責任、及びコストマネージメント。銀行で20年のキャリアを積み、ビジネスコーチを習得、NLPトレーナー、アナリスト、リスクマネージメント。

kornelia_enthart

Dr.ロレンツ グランラート,日本代表 東京オフィス

2014年~独立行政法人 産業総合研究所 上席イノベーション コーディネーター 2001年~2013年 ドイツ フラウンホーファー研究所の日本代表を務める。1997年~2001年 GMD 情報技術研究所、1995年~1997年ABB Stotz Kontakt GmbH スイスのサンクト ガーラン大学にてPhD取得。1992年から1993年まで客員研究者として東京大学に在籍。インダストリアル エンジニアリングとビジネス総務をカールスエ大学にて学ぶ。

Granrath-san-300